不貞を証明する

不貞の証拠

夫の嘘を追求し、不貞の証拠を集める

夫婦関係が壊れてしまう最も多くの原因は、「不貞行為」です。法律上の解釈では、不貞行為とは、男女の関係、つまり肉体関係を持った浮気とされています。夫が知らない女性と食事をしている写真だけでは、調停や裁判での不貞行為の証拠とはならないのです。

 

裁判や調停を有利に進めるためには、「浮気相手と自動車の中で性行為に及んでいる写真」「浮気相手と共ににラブホテルに入る、あるいは出てくる瞬間の写真」などが不貞行為の決定的な証拠と認められます。さらにこれらの行為が、たった一回きりではなく、継続的に行われていることを証明できれば、証拠能力はさらに強くなります。

 

夫が愛人の家に継続的に通っていて、愛人宅に夫が入っていく写真だけでは、不貞の証拠とは不十分です。「仕事の相談で訪れて10分ぐらいで出てきた」と夫の嘘をつかれたらそれまでです。この場合は、夫が愛人宅に入ってから、さらに出てくるところの写真、愛人がその家を出入りする場面の写真、それらの写真を数日にわたって撮影する、というような証拠なら、ラブホテルでの写真でなくても、不貞行為の証拠として十分有効なものとなります。

 

また、ホテルやレストラン、高速料金の領収書などのデータ類は、ねつ造が簡単にできるので、原則として証拠となりませんが、ホテルの領収書などは、矛盾なく積み重ねれば、有効な証拠と認められることもあります。また、浮気している夫に突きつけ、事実を白状したなら、それお記録することで、有利な状況に持って行けることもあります。

 

さらに、浮気を続けている夫は、妻に対して暴力行為(ドメスティック・バイオレンス)が、多くなってくる傾向があります。夫の暴力行為を証明する医師の診断書を取るなどしておけば調停や裁判になった際に有力な証拠となります。

 

以上のように有利に離婚を展開するためには「相手の有責性」をどのように証明するかが重要なことなのです。自ら夫や愛人を尾行して張り込みまですることはお勧めできませんが、日常生活の中で見付けた浮気の証拠は、できるだけ自分で保存しておく用意注意しましょう(同居している場合は、相手に感づかれないように気を付けましょう)。

 

浮気の証拠集めを焦るあまり、相手を警戒させてしまっては、後に探偵へ調査依頼したとしても十分な証拠が集められなくなってしまうことがあります。夫が浮気しているかどうかという判断のみを自分でおこない、ある程度疑いが強まった時点で、行動調査はプロにお任せするのが最も賢明な方法と言えるでしょう。

 

↓↓↓夫の浮気調査・無料相談・詳しくはコチラ↓↓↓

リンク

関連ページ

探偵事務所の浮気調査の料金
探偵事務所の浮気調査にかかる料金
ホーム RSS購読 サイトマップ