車の収納を調べる

車の座席近辺の収納

車の座席近辺の収納からも多くの浮気の証拠が見つかります。

証拠品が最もよく見つかるのが、助手席の前にあるグローブボックスと呼ばれる収納スペースです。自動車が一般化した初期のころは、手袋(グローブ)を付けて運転することが普通だったので、その収納場所としてグローブボックスが設けられていたのです。運転の際にすぐに出し入れができる便利な収納スペースであるグローブボックスが、今では運転免許証、車検証、ティッシュ、消臭スプレー、地図などの運転中に必要な物の収納場所になっています。

 

運転中でも手軽に収納できる場所と言うことは、うっかり浮気の証拠品を入れてしまって、そのままになっていることが多いのです。ここから見つかる証拠品は、ガソリンスタンド、高速道路、コンビニなどの買い物やレストランなどの領収書です。

 

また、浮気相手と一緒にドライブしていたりすると、浮気相手の忘れ物やコンドームなどの避妊具なども見つかることもあるので、要チェックです。

 

さらに運転席や助手席のドアに設けられているサイドポケットも調べましょう。ここには観光案内や地図帳などを入れておくことが多いのですが、ここも様々な領収書やレシート、名刺などが見つかることがあります。それらからわかる場所や人数、支払内容などが時として浮気の決定的な証拠となることがあるのです。

 

また、運転席と助手席にあるドライバーズボックスも重要なチェックポイントです。ここは運転席から手の届く位置にあるので、運転免許証やガソリンスタンドのポイントカード、小銭用の財布などが入れられていることが多いのですが、ポイントカードと一緒にガソリンスタンドの領収書も入っていることが多いので、夫の行動範囲以外の場所の領収書が見つかったら浮気の可能性が考えられます。

 

そして灰皿も重要なチェックポイントです。喫煙率が下がってきたとはいえ、まだまだ女性の喫煙者は、います。夫のすっているタバコと違う種類のタバコの吸い殻が見つかったら、要注意です。夫のタバコと違う種類で、さらに吸い口に口紅でもついていれば、女性が同乗していたことは100%間違いありません。

 

車の上部についている日よけのサンバイザーも調べましょう。ここにもレシートや高速道路の領収書などのちょっとした紙切れを挟む人も多いものです。

 

さらにカーペットの下も調べると、思いもよらない証拠品を発見することもあります。普段からきれい好きだったり、浮気の証拠に気を付けていてもカーペットの下まで、気が回らなくて、確実な浮気の証拠品が見つかることがあります。

 

↓↓↓夫の浮気調査・無料相談・詳しくはコチラ↓↓↓

リンク

関連ページ

夫の車に浮気の証拠が
夫の車の中には浮気の証拠が隠れています
浮気で変化する趣味や行動
浮気相手の影響で変わってくる音楽の好み
浮気の証拠、レシート・領収書
レシート・領収書は、離婚調停の際の重要な証拠品となります。
カーナビに残る浮気の証拠
カーナビに残っているデータから浮気の証拠を集める
ホーム RSS購読 サイトマップ