女の直感が働く夫の浮気

女の直感で夫の浮気を見抜く

容姿を気にしだした夫

当時、夫とは結婚12年目で私は40歳、夫は47歳でした。夫は子煩悩で、休日なども旅行やショッピングなどに付き合ってくれて、家庭サービスに関しても不満はなく、幸せな家庭生活を続けていました。そんな生活にある日違和感を感じるようになったのです。夫の仕事はこの不景気にもかかわらず、かなり忙しい方で残業で帰宅が遅くなったり、休日出勤も珍しくはなかったのです。

 

しかし、ある日いやな違和感を感じ始めました。結婚12年目のある日、今まで服装に関しては無頓着だった夫が「このネクタイに合うかな?髪型乱れてない?」などと容姿のことを気にかけるようになりだしたのです。どこにでもある夫婦の会話のようですが、私は何故か背中に電気が走るような気持ちになったのです。「もしかしたら浮気かも?」そんな思いが頭をよぎりました。確証は何もないので、あくまで女の直感なのですが、長年夫婦生活を続けていると、夫の嘘はまるで子供の嘘のようにわかるものなのです。

 

その夜、子供が寝た後で夫に問いただしました。「あなた浮気なんかしてないでしょうね?」すると夫は面食らった表情で「なんでそんなこと聞くんだよ」と言いました。平静を装っていましたが、その眼は明らかに動揺しているようです。「今まで、わたしに服装チェックを聞いたこともないのに、今日に限って急に聞いてくるのはおかしくない?」すると多少口ごもりながら「何となく聞いただけなんだけど・・・」と答えました。

 

そこで私は間髪を入れず「携帯を見せて」と言って夫の目の前で携帯をチェックしたのです。

 

女性の写真こそなかったものの、女性の名前のメールが残っていて「今日はありがとう」「とても素敵なお店だったね」などいかにもデートしたかのような内容だったのです。すると夫は、言い訳をすることもなく「好きだと言われて、有頂天になりなんどか食事に行った。申し訳ない、もう二度と誘わない」と素直に謝ったのです。

 

浮気が発覚しても離婚などする気は毛頭ありませんでしたが、ここで甘やかせてはいけないと思い、それから1週間は夫とは全く口を利かず、食事も朝昼は子供と二人でコンビニのパンで済まし、夕食も子供と二人で外食に出かけ、一切食事を作りませんでした。すると夫は、私の目の前で携帯で浮気相手に電話をし、別れを告げて、もう二度と会わないといったのです。

 

世の中には、夫の浮気を許すような風潮もありますが、私は絶対に反対です。私の場合は直接問い詰めましたが、それはそれぞれの夫婦関係によって事情も違ってくるでしょう。本当に泣き寝入りしてしまう人もいますし、証拠を掴んでも子供が成長するまで我慢して印籠を渡す人や、へそくりをためてから離婚を切り出す人、あるいは探偵事務所に頼んで、しっかり証拠固めをしてから離婚裁判、慰謝料請求にまで及ぶ人など様々です。

 

浮気を知ってからどのような行動に出るかは人それぞれでしょうが、確かに言えるのは、長年連れ添った夫婦が怪しいと感じた時は、必ず浮気に限らず何らかの理由があるということです。

 

↓↓↓夫の浮気調査・無料相談・詳しくはコチラ↓↓↓

リンク

関連ページ

夫の浮気のチェックポイント
日々の生活からの夫の浮気のチェックポイント
携帯電話から夫の浮気の証拠
現代の便利グッズの携帯電話には、浮気の証拠がいっぱい詰まっています。
浮気の行動パターン
浮気をする夫の典型的な浮気の行動パターン
浮気に気をつける季節
浮気のチャンスが増える季節があります
浮気は男の本能?
すべての男は本能的に浮気をするのでしょうか
ホーム RSS購読 サイトマップ