不信感が強くなる夫の嘘

夫の嘘に不信感

数々の嘘を重ねる夫い不信感を抱いた

私の夫は東京の品川で、輸入代理店を経営していてかなりの収入があるにもかかわらず、借金の額も相当なものです。仕事への投資での借金ならしょうがないと思うのですが、それは夫の嘘で、実は浮気女のための無駄金を相当使っているようなのです。夫の浮気相手は銀座のクラブのチーママで、その女が独立するための資金を相当回していたようでした。

 

しかし、それだけでは億を超える借金にまで膨らむはずもありません。夫は外貨貯金にまで手を出していたのです。しかもかなり怪しい会社に依頼していたのです。外貨貯金とは簡単に言えば、ドルやユーロ、ポンドなど海外の通貨を貯金することです。普通は、その金利の差額で収入となったりあが時となったりするので、かなりの大口の預金がないと、収入も損失も大した額にはならないはずなのです。

 

しかし、夫はどうやら業者の口車に乗って、危ない外貨預金に手を出し、失敗してしまい借金が膨らんだようでした。

 

浮気を続けて借金で首が回らなくなってしまった夫には愛想が尽きたので、離婚を考えています。そのために夫の浮気の証拠を探偵事務所に集めてもらって、離婚裁判を起こすつもりです。なぜなら夫の性格からして離婚調停など絶対拒否されるので、夫と別れるためには離婚裁判しか手がないからです。

 

日本で1年間の定期預金をしたとしても0.25%程度の金利しかつきませんが、外貨貯金に目を向けてみると20%などという金利まであるのですから、人気が上がるのも分かります。外貨貯金は、金利だけを見ればとても魅力的な商品ですが、為替の変動によっては元本割れする恐れがあるなどデメリットもあります。

 

基本的に外貨貯金は、「ハイリスク・ローリターン」であるということを認識した上で、外貨貯金の仕組みなどをしっかりと勉強してから始めるべきです。現在の日本は非常に金利が低いので、外貨貯金は有利であるといえますが、キャンペーンなどおいしい話にだけ目を奪われることなく、リスクについても念頭においておくことが必要です。

 

外貨貯金と聞くと、まっさきに出てくるのはアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドですが、こうした国々は金利が非常に高いことから外貨貯金をしている人に好まれています。ただ、日本の低金利もいつまで続くのかは分かりませんし、日本の預貯金におけるメリットなどもありますから、簡単に金利のことだけで外貨貯金に大金を預けてしまうのは危険が伴います。

 

リンク

関連ページ

浮気相手が妊娠
単身赴任の夫が赴任先で浮気をし、相手の妊娠が発覚し離婚裁判となりました。
帰宅が遅い旦那に不信感
仕事の付き合いで毎日午前様の旦那が実は浮気をしていた
妊娠中の夫の浮気
夫の浮気は妊娠中が一番多いと言われています。
会社経営者の夫の浮気
会社経営者の夫は浮気がばれて世間体ばかり気にしていました
信頼を裏切った夫
8年の夫婦生活で築いてきた信頼を裏切った夫
有楽町のOL
私は東京の杉並区に住んでいる38歳の主婦ですが、休日出勤と言う夫の嘘に翻弄された典型的なパターンです。
クリスマスから始まった夫の浮気
私の夫は、クリスマスに知り合った女と浮気をしました
バレンタインが夫の浮気の始まり
バレンタインに本気チョコをもらってから夫が浮気に張りりました。
「昼顔」のヒットと不倫
テレビドラマの「昼顔」のヒットにより主婦の不倫感が変わってきた
同窓会は浮気の温床
同窓会で久しぶりに会った男女が意気投合し、浮気に走るといったケースも多いようです。
単身赴任で浮気
鬼縄に単身赴任した夫が現地のキャバ嬢と浮気関係に
同じマンション内で夫が浮気
私の夫は、住んでいる同じマンションの主婦と浮気をしW不倫でした。
離婚の原因
結婚生活10年目の破局の理由
ホーム RSS購読 サイトマップ