精神的な浮気

プラトニックな浮気

プラトニックな浮気でも離婚の理由になるのか?

不倫は、必ず肉体関係を伴うものと一般には考えられています。しかし、こと浮気に関しては、人によって基準が変わってくるようです。そのためプラトニックな関係であっても浮気と認められるケースもあり、肉体関係がないプラトニックな浮気でも離婚原因となることもあるのです。

 

セックスをしていなくても、妻以外の女性と二人だけでデートをしたり、長時間に渡って一緒に過ごしたり、恋愛感情を持っているだけでは、法律的には、不貞行為とはみなされません。

 

不貞行為の定義には性的関係を持つことが定義されており、腕を組んだり、キスをするといっただけでは、不貞行為とはされません。しかし、離婚の理由にはなりえます。

 

裁判で離婚が認められるためには「婚姻を継続しがたい重大な理由」と言う項目があり、プラトニックな浮気もこれに含まれます。他には、DV、性格の不一致、ギャンブル、宗教などがあります。

 

結婚生活は、肉体だけでなく精神面も重要な要素なので、セックスに及ばなくてもプラトニックな浮気と言うだけでも、十分に結婚生活の崩壊の原因となりうるのです。また、その時は肉体関係がなくプラトニックな浮気であったとしても、将来、不貞行為に発展する可能性は高いとも考えられます。

 

また、妻以外の女性と二人きりですごした男が、いくら肉体関係はなかったと言っても、それは「夫の嘘」で片づけられてしまいます。大人の男女が密室で長時間過ごしたら、世間的には不倫と思われてもしょうがないでしょう。

 

リンク

関連ページ

浮気調査について
浮気調査を個人で行う場合、自分でするのか、それとも探偵事務所や興信所に依頼するのか
浮気調査のタイミング
最短の調査期間、最少の貯砂費用にするための浮気調査のタイミング
浮気の証拠
夫の浮気の解決のためにはやはり確実な証拠を握ってから話し合いにのぞむべきでしょう。
浮気調査のタイプ
目的に応じた浮気調査のタイプがあります。自分が何を知りたいのかを明確にすることで探偵料も安くなります。
ホーム RSS購読 サイトマップ