浮気調査の種類

浮気調査のタイプ

自分がどのようなタイプの浮気調査を必要としているのか

【行動調査】

行動調査によってわかることは浮気対象者の具体的な浮気行動についてです。相手を尾行することで行動パターンを知り、現場での張り込み、相手のことを良く知っている人物への聞き込みなどによる情報収集を行い、さらには浮気の確実な証拠となる映像や写真、音声などを記録する調査です。

 

【証拠調査】

証拠調査の基本的な目的は、浮気対象者が不貞行為に及んでいるかの調査です。慰謝料請求や離婚に関する重要な話し合いの場や裁判の時に有効になる確実な証拠品を集めることで、浮気中の不貞行為を決定づけるための証拠を収集する浮気調査になります。例えばラブホテルへ出入りの写真や映像などは、裁判でも最も有効な証拠となります。

 

【人物調査】

人物調査は、浮気相手がいったい誰なのかを特定する調査です。この情報がはっきししなければ慰謝料請求や離婚裁判を起こすことはできません。

 

以前は、多くの浮気相手は、会社の上司や同僚、部下などの会社関係の女性、良く行くスナックやパブ、近所付き合い関係など夫の行動範囲を調べればたいがい特定できたのですが、最近では、インターネットの発達によりフェイスブック、ミクシィなどのSNSやモバゲー、グリーなどのゲーム関連のコミュニティーサイト、出会い系サイトの充実などネットを介した浮気や不倫が増加したので浮気相手の特定は困難になってきたのです。

 

探偵会社に依頼する際に、なんらかの情報も全く分からないといったケースでは、浮気相手を特定するためには長期間費やしてしまい、調査費用もかなり高くなってしまいます。出来れば、探偵会社に頼む前に当サイトで解説している方法などを用いて浮気相手の目星をつけておくことで、時間の短縮、費用の削減につながるでしょう。

 

リンク

関連ページ

浮気調査について
浮気調査を個人で行う場合、自分でするのか、それとも探偵事務所や興信所に依頼するのか
浮気調査のタイミング
最短の調査期間、最少の貯砂費用にするための浮気調査のタイミング
浮気の証拠
夫の浮気の解決のためにはやはり確実な証拠を握ってから話し合いにのぞむべきでしょう。
プラトニックな浮気
浮気と言えば必ず肉体関係が伴うわけではありません。プラトニックな浮気でも立派な浮気と言えるのです。
ホーム RSS購読 サイトマップ