夫の嘘

【夫の嘘を秘密に調査】原一探偵事務所/浮気/不倫/借金/ギャンブル

夫の嘘で不安な毎日

↓↓浮気相談24時間無料クリック↓↓

 

浮気

男と言うものはくだらないことでも嘘をつくものです。それがたわいもない理由なら問題ないのですが、

もしかしたら取り返しがつかない状況が迫っているのかもしれません。
あなたの夫の嘘の理由はいったい何なのでしょうか?

 

・見え透いた言い訳ばかりして、いったいどんな事情があるのか。
・根本的にうそつきの性格で、
 どうでもいいことでも、言い訳や嘘が多い。

・どうやらパチンコやパチスロ、競馬や競艇のような
 ギャンブルにハマっているようだ。

・他に女ができたのでは?浮気の臭いがするが確証が持てない。
・夫の会社の業績が悪いようだがリストラの危険性はないのか?

 

これ以外にも嘘をつく理由はたくさんあります。
それがもし結婚記念日のサプライズのための嘘なら、どんなにうれしいことでしょうか。

 

 

夫の嘘がもし浮気を隠すため、ギャンブルで膨らんでしまった借金を隠すためだとしたら、一刻の猶予もありません。
夫の嘘の正体をハッキリ突き止め夫婦の信頼関係を取り戻すのか、
それとも最悪の場合、夫婦生活にピリオドを打つのか・・・。
いずれにしても、早急に確かな原因を突き止める必要があるでしょう。

 

夫の嘘に隠れているものはいったい何なのか、その真実を突き止めるためには、
素人の憶測や思い込みだけでは、かえって自分の立場を不利にしてしまうケースも多いのです。
最悪の場合、将来法的手段に訴える必要も出てくるかもしれません。
そんな事態に備えるためには、浮気・ギャンブル・借金などに関する調査のプロフェッショナルの
探偵事務所に調査を依頼するのが確実なのです。

 

日本全国に展開する原一探偵事務所は、有能なスタッフを数多くそろえ、
24時間・365日無料電話相談・メール相談・チャット相談に対応しています。
一日でも早く夫の嘘の疑惑をハッキリさせ、幸せな人生を取り戻しましょう。

 

↓↓↓夫の嘘・浮気・ギャンブル365日24時間無料相談ここをクリック↓↓↓

ボタン

優良な探偵事務所とは

優良な探偵事務所を判断するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

一般の人で、探偵事務所や興信所の知識がある人は少ないと思います。仕事内容が、秘密性が高い業務なので、中にはいかがわしい会社や法外な調査料を請求してくる会社もあるのです。調査料と言っても、明確な基準があるわけではないので、人の弱みに付け込んで来るような悪徳業者も残念ながら存在するのです。

 

では、そのような悪徳業者を避けるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

興信所や探偵事務所を探すとすれば、知人の推薦でもない限り、雑誌や新聞・インターネットなどで探すのが一般的だと思いますが、会社名と住所や電話番号などが記載されていて、簡単な紹介分が掲載されているだけで、優良会社かどうかなんて素人では判断が難しいと思います。

 

そこで、素人でも分かりやすい判断基準の一つに「探偵業法による届出」というものがあります。「探偵業法による届出」とは、調査会社を運営するうえで警察署に届け出て、発行される認可番号のことです。この認可を受けている調査会社なら「探偵業届出●●●●●号」と言った記載が、必ず表記されているものなので、第一のチェックポイントとなるでしょう。

 

次にチェックするのが会社の住所や電話番号がはっきり記載されていて、さらに料金表なども明記されていることが大切です。この料金表が表示されてないと、「電話では予算内に納めます」と言っておきながら、後から経費や追加料金などとあいまいな項目で、料金を上乗せされる場合もあるので注意しましょう。

 

浮気調査などの探偵業務は、基本的に専任の社員が2名以上必要とされるので、人件費がかかり、どうしてもある程度の経費が掛かるので、調査期間が長引けば長引くほど費用は高くなるものです。あまりにも安い調査費用を売りにしているような探偵事務所は、避けたほうがいいと思います。後からとんでもない追加料金を請求されたり、調査内容がずさんで役に立たなかったりすることがあるからです。

原一探偵事務所の信頼性

日本で探偵業者として公安委員会へ届出をしている業者数は、2012年末で5546件に上ります。アメリカの私立探偵は銃社会のアメリカらしく銃の所持も認められ、免許が必要ですが、日本の場合、特に免許や許可も必要ないのです。そのため中には、かなりいかがわしい探偵事務所も存在するのは事実です。

 

そのため費用が安いからと安易に調査を依頼すると、費用だけかかって何ら問題が解決しなかったり、追加の費用を請求されたり、いい加減な調査報告書でごまかされたり、最悪の場合はトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。本当に問題を解決したいと思っているのなら、多少費用が高くても信頼出来る探偵事務所に依頼するのが一番なのです。

 

原一探偵事務所の特徴は、日本全国8カ所に拠点を構え、全国規模での調査体制を整えていて、「浮気調査なら原一探偵事務所」と言われるほどの知名度と信頼性を誇っています。38年に渡る実績がある探偵事務所ならではの豊かな経験とノウハウを備えたプロフェッショナル集団なのです。

 

さらに法律関係の多くのつながりを持つ原一探偵事務所は、浮気調査後の離婚に関する煩わしい手続きや慰謝料請求の訴訟なども、全て有能な弁護士に依頼して代行してもらうことができます。単純な浮気調査だけにと止まらず、その後の法的処置などのアフターケアも行き届いています。ただでさえ浮気の事実を知って、気分が落ち込んでいる依頼者にとって、離婚のための手続きなどは、考えたくもないものです。浮気調査後の処理に関しても精神性を持って対応してくれるのが高評価の理由になっているようです。

 

原一探偵事務所は、39年で7万件以上の実績がある信頼できる探偵事務所です。テレビ朝日「テレビのチカラ」、TBSテレビ「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」、日本テレビ「バンキシャ」などTV番組からの制作協力も受けるなど、調査能力の実力が認められています。

全国に広がるネットワークの原一探偵事務所

東京・千葉・神奈・川埼玉・名古屋・北海道・仙台・大阪・九州の全国主要都市の9カ所に拠点を構えているので、日本全国からの相談に対応することが可能です。浮気や不倫の相手が、出張先だったり、以前の勤め先だったりと言ったケースでも臨機応変に対応することが可能です。

 

これがその地域だけしか捜査能力がない探偵事務所の場合は、途中経過の報告で打ち切られたり、地方の知り合いの探偵事務所に調査を丸投げされて、追加費用ばかりかかって納得のいかない調査報告で終わってしまうというケースが多いのです。

 

また、全国展開しているとはいえ、最寄りの支社が遠くて直接事務所にまで相談に行くのが大変といった場合には、事前の電話相談により、お近くの喫茶店などでの無料出張相談などにも臨機応変に対応してくれます。実際、浮気調査などの相談は、事務所で受けるよりも、喫茶店などで相談を受けるケースの方が圧倒的に多いのです。

 

埼玉本社

原一探偵事務所・埼玉本社

 

原一(本社):〒350-0826 埼玉県川越市上寺山2−1 埼玉県公安委員会 開始届出証明書番号 第43070145号
原一(東京):〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-20 9階 東京都公安委員会 開始届出証明書番号 第30070443号
原一(大宮):〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2‐194 6階 埼玉県公安委員会 開始届出証明書番号 第43130047号
原一(千葉):〒260-0028 千葉市中央区新町3-7 5F 千葉県公安委員会 開始届出証明書番号 第44110018号
原一(神奈川):〒220-0003 神奈川県横浜市西区楠町1‐3 5F 神奈川県公安委員会 開始届出証明書番号 第45110051号
原一(札幌):〒001-0015 北海道札幌市北区北15条西4-2-16 8F 北海道公安委員会 開始届出証明書番号 第10070111号
原一(仙台):〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町2-6-15 4階(401)宮城県公安委員会 開始届出証明書番号 第22120010号
原一(名古屋):〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須1-21-20 2F 愛知県公安委員会 探偵業届出証明番号 第 54080090号
原一(大阪):〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島5‐14‐22 5F 大阪府公安委員会 開始届出証明書番号 第62093370号
原一(広島):〒732-0052 広島県広島市東区光町2‐9‐14 3F広島県公安委員会 開始届出証明書番号 第73130016号
原一(福岡)〒810-0001 福岡市中央区天神1‐9‐17 15F 福岡県公安委員会 探偵業届出証明番号 第90120041号

明確な料金体系

調査費用に関しては、単純に他の探偵事務所と比較すると原一探偵事務所の方が割高に感じると思います。しかし、原一探偵事務所では初期の無料相談無料お見積もりの段階で、諸経費を含む総調査費を提示されるので調査終了後の経費の請求や付加料金などの追加料金は一切発生しません。

 

しかし、多くの探偵事務所では、調査期間の延長や追加経費などと称して、後から費用を請求されることが多いようです。探偵料にもある程度の相場はありますが、最後は、各々の事務所の言い値のようなものなので、途中でやめてしまったらそれまでの費用が無駄になるので、言われるがままに支払うしかないのです。中には、悪質な業者もいて、すでに調査が終了しているにもかかわらず、いろいろな言い訳をして調査期間を延長し、追加料金を請求する所もあるので気を付けてください。

 

↓↓↓夫の嘘・浮気・ギャンブル365日24時間無料相談ここをクリック↓↓↓

ボタン

離婚裁判

離婚裁判は、法廷で夫婦が原告と被告という立場に分かれて争っていく状況なので、しっかりした覚悟が必要になってきます。離婚を決めたほとんどの夫婦は、協議離婚や調停離婚という方法で、将来を決めます。そのうち離婚裁判にまで至るのは、離婚をする夫婦の1〜2%の割合です。

 

夫婦間の離婚協議がまとまらないケースでは、調停の場に協議を移します。その調停でもまとまらなかった場合は、夫婦のいづれかが離婚の訴えを家庭裁判所に起こすことになります。これが一般に裁判離婚と呼ばれるもので、裁判所に訴えを起こす原告と、訴えられた側の被告に分かれて、裁判でそれぞれの主張を争うことになるのです。

 

裁判離婚では、最終的に法的な強制力を持つので、確実な決着がつく点が長所と言えるでしょう。ただし、希望どうりの決着がつくとは限りません。離婚が裁判に頼るケースとしては、「養育費を全く払う気はない」「慰謝料を拒否」など金銭面でのトラブルによることが多いようです。

 

離婚調停と裁判離婚の違い
離婚調停も裁判離婚も同じく家庭裁判所に申し立てを行い、第三社を介して離婚を進めていくのですが、離婚調停と裁判離婚では、多くの違いがあります。

 

まず、費用の面での違いです、離婚調停にかかる初期費用は、約2000円となっていますが、裁判離婚においては収入印紙代を含む離婚請求料1万3000円、郵便切手代6400円、弁護士の報酬など平均100万円ほどの費用が掛かります。離婚請求料に関しては、「離婚」に加えてさらに、財産分与など金銭の支払いの訴訟もするケースでは、内容や請求金額に応じて請求料がさらに加算されます。

 

しかし、最も出費の面で最も大きくなるのが弁護士料となってきます。弁護士の離婚に関する相談料は、30分ごとに5000〜2万5000円ほど、裁判に必要な多くの書類作成費用に5〜30万円、裁判の着手金として15〜30万円ほどが、一般的です。

 

裁判離婚だからと言って、弁護士を立てなければいけないという規則はありません。しかし、裁判を争うためには専門的な知識がなければ話になりません。相手方の弁護士と争うのであれば、圧倒的に不利であるといえるでしょう。弁護士費用がどうしても工面できない場合は、法テラス(日本司法支援センター)による「弁護士費用立替払い制度」も用意されています。

 

また、裁判離婚は離婚調停などと比べると決着まで長期間かかります。基本的に、裁判離婚は「相手方が生死不明や行方不明」「被告が心身喪失」などの例外を除いては、調停を済ませてからではないと起こせません。したがって、最低でも決着までに1〜2年以上かかると思ってください。

 

離婚裁判に必要な原因
また、裁判離婚を起こすことのできる原因として下記の5つのいづれかに当てはまる必要があります。

 

・不貞行為(配偶者以外と性的関係を持つこと)
・悪意の遺棄(故意に同居や夫婦生活の協力を拒否したり、扶養義務を怠ること)
・3年以上の生死不明
・回復の見込みのない強度の精神病
・その他、婚姻を継続しがたい重大な事由(暴行、浪費、犯罪、性格の不一致など)

 

結審までの一般的な流れ
訴状を裁判所へ提出すると、第1回口答弁論期日が裁判所によって指定されます。同時に、裁判所から期日の呼出状が被告に訴状の副本とともに郵送されます。これで、裁判が開始されるのです。離婚を決めた夫婦が、より有利な展開を目指して争うのです。

 

こうしてスタートした裁判離婚は、数回の口頭弁論を経て、判決が決まります。そして、離婚が認められた判決なら離婚が成立します。もしも判決書に不服があったり、判決で離婚が否認された場合は、地方裁判所や高等裁判所に控訴して、さらに裁判を継続することになります。

 

以上ように、夫の浮気が原因で裁判離婚を起こすのは高い経費やや長期間にわたるなど多くの負担がかかるので、裁判離婚にまで至る夫婦は少ないようです。また、原則として裁判は公開されるので、夫婦の恥ずかしい内容を他人に傍聴されることも知っておきましょう。まずは、いろいろな離婚の方法の知識を持ち、より有利に進めていくことを考えましょう。探偵事務所の無料相談に夫の浮気を相談して、より良い方法を考えるのも一つの手段です。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ